知育グッズ

【口コミ】ダイソーのドリルがコスパ最高!100均の幼児用ドリルも結構あなどれない!

 

ドリルって意外と高いですよね。

今までやっていたくもんのドリルは1冊だいたい700円!

いくつか買ったら、あっという間に3000円とかになっちゃいます。

しかも子供ってやる気がある時って、あっという間にドリル終わらせちゃいませんか?

3歳の長男は、ドリル大好き&負けず嫌いな性格のせいか、1冊最後までやりきるまで終わってくれません。

えりまる
えりまる
700円のドリルがあっという間に消費されていく!!!ありがたいけど、正直ヒエ~!

そんな時見つけたのがダイソーのドリル。

たかがダイソーと侮るなかれ、なかなかやりがいのあるドリルだったんです。

もちろん安心の1冊100円!!

  1. 『かず』
  2. 『ひらがな』
  3. 『ちえ』
  4. 『めいろ』
  5. 『ぬりえ』

と種類も豊富で、お気に入りがきっと見つかるはずです。

今回はそんな以外と穴場なダイソーのドリルについて、徹底レビューしたいと思います。

今まで使ってきたくもんのドリルとの比較もしていきますので、ぜひご参考にどうぞ。

これがダイソーのドリルだ!

こちらがダイソーのドリル。もちろん1冊100円♪

手始めに3歳用のドリルを3冊買ってきたときの様子です。

ドリルの種類は『かず』『ちえ』『ひらがな』『めいろ』『ぬりえ』の5種類が売り場にありました。

1冊だいたい60ページで、ボリュームは十分!

ドリルの対象年齢は

  • 3歳
  • 4歳
  • 5歳
  • 6歳

とそれぞれ年齢ごとに難易度が上がっていきます。

小学生以上にはまた別のタイプのドリルが売ってましたよ。

 

さっそく買って3歳長男に与えてみると、カラフルでかわいいイラスト満載で大ハマり!

あっという間に終わってしまって、追加でこれでもかと買ってきたのがこちら。

えりまる
えりまる
これでくもんのドリル1冊分の700円・・・ありがたい~!

かわいいイラストで小さい子にもとっつきやすい印象ですよね。

次からさっそくそれぞれのドリルをレビューしてみたいと思います!!

 

ちなみにドリルは全部くもんのこどもえんぴつでやってます。

鉛筆が三角形になっていて持ちやすく、6Bなので筆圧が低い3歳でもらくらく書けますよ

気が付けば勝手に正しい持ち方で鉛筆持てるようになってました。さすがくもんだ!

専用の鉛筆削りじゃないと削れないところがちょっと難点

 

 

ダイソーのドリル:『かず』と『ちえ』は工夫満載

3歳用の『かず』は1~10までの数字を扱っていて

  • 数字自体を書く練習
  • 数字を読む練習

をしたりと数字に親しめるようになってました。

 

でも進めていくとなかなか難しいかな、という問題もちらほら。

これは数字カードを切り取って、それぞれ当てはまる果物の数を貼るという問題。

えりまる
えりまる
ただ書いてばっかりだと飽きるので、工作要素があるのはうれしいですね

 

 

『ちえ』は生活に密接した問題が多かったです。

靴下をそろえたり
同じおべんとうを選んだり

問題の種類も

  • 陰の形を答えたり
  • 仲間外れを探したり

とバラエティ豊かでした!

長男も『かず』と『ちえ』が一番おもしろかったらしく、それぞれ夢中でやってました。

えりまる
えりまる
問題だけ読んであげれば、つきっきりでなくてもいいので、家事がはかどった~!

 

 

ダイソーのドリル:『ひらがな』はちょっと演習不足かも

3歳用の『ひらがな』は

  1. あ~んまで一通り書く
  2. 関連した名詞をイラストを見ながら読む

という練習がずっと続きます。

が、ちょっと練習量たりないですね。

えりまる
えりまる
ひらがなの練習といっても、1回書いただけじゃな~

 

『ひらがな』の練習をしっかりするなら、前にやったくもんのはじめてのひらがなの方がすごくよかったです。

くもんのひらがなドリルは、『し』や『へ』などの簡単なひらがなから段階を経て、何度も何度も練習していくので、自然に覚えていっちゃいます。

 

ひらがなの練習ならくもんのひらがなことばカードもおすすめ

レビューはこちらからどうぞ!

【口コミ】公文ひらがなことばカードは3歳でもできちゃう!オリジナルの遊び方も紹介 「3歳になったし、そろそろ自宅でひらがなでも教えてみようかな?」 「ひらがなを教えてあげたいけど、どうやって教えたらいいの...

 

 

ダイソーのドリル:『めいろ』は基本的な内容で入門によさそう

3歳の『めいろ』はイラスト多めで、比較的簡単。

なので

  • 「線を越えて進んじゃダメ」
  • 「同じところを通らないように進む」

などの基礎的なことを学ぶのによさそうです。

 

4歳、5歳と年齢が上がってくると

  • 迷路が2ページをまたいだり
  • ●→★→▲の順に通りましょうといったルールが加わったり

するので、面白くなってきます。

 

もともと迷路が好きな子だったら、3歳用のダイソードリルはちょっと簡単すぎるかも?

くもんのめいろは結構難しめで、かなりやりがいあり!

えりまる
えりまる
ダイソーのドリルが物足りなくなったらぜひチャレンジ!

 

 

ダイソーのドリル:『ぬりえ』は大人も楽しい

『ぬりえ』は大人も楽しめるので、2歳の下の子と私も一緒にやってます。

みんなでわちゃわちゃと色塗るのはとっても楽しい!

おススメの楽しみ方は、

  1. 絵本や図鑑で本物の虫や動物を見て
  2. 特徴を知ってから塗ってみる

これは「はじめてのずかん」という講談社の図鑑を見て塗ってみたもの。

図鑑をみてその通り塗るもよし、無視してぜんぜん関係ない色を塗るもよし。

えりまる
えりまる
子供って思いもよらぬ奇想天外な色で塗ったりするので、おもしろい!

 

講談社の図鑑MOVE「はじめてのずかん」レビューはこちらからどうぞ

【口コミ】『はじめてのずかんみじかないきもの』は幼児のファースト図鑑におすすめ! 「子供に図鑑を買ってあげたいな。でもたくさん種類があってどれから買ったらいいの?」 「まだ子供が小さいから、いきなり詳しい...

 

 

まとめ:大人気のダイソーのドリルは売り切れに要注意!

今回は、バラエティ豊かでやりがいがあって、まさかの100円なダイソーのドリルをレビューしてみました。

きっとお子さんごとに得意なドリルが違うと思うので、お好きなやつをチョイスしてどんどん進めちゃいましょう。

でも、みなさんそう思うのか、近所のダイソーはけっこう品切れなんです!

売り切れちゃう前に、今すぐ!ダイソーにダッシュですよ~!