お役立ちグッズ

【1年使用後の口コミ】セカンド抱っこ紐ならポルバンヒップシートがおすすめ!

 

1歳半ごろになると、子供の身体が大きくなってきてエルゴなどの肩で支える抱っこ紐に入りきらなくなりますね。

同じ時期にイヤイヤ期も始まるので、そもそも抱っこ紐に入ってくれなくなることも。

えりまる
えりまる
最後まで歩いてくれたらいいけど、途中で抱っこ、抱っこ!

さらにぐっすり寝ちゃって腕が壊れそう!どうすりゃいいの~!?

そんな時、セカンド抱っこ紐としておすすめなのが《ポルバンヒップシート》なんです。

慌ただしい子供とのお出かけにさっと持ち出しやすい、ウエストポーチ型抱っこ紐で子供の乗せおろしに最適!

 

今回はポルバンヒップシートを1年365日毎日巻いていたといっても過言ではない私の渾身のレビュー記事です。

この記事は

  • エルゴのオリジナルとの比較
  • お得な購入方法
  • 『つけるのが痛い』という悩みの解消法

など写真も盛りだくさんでお送りしていきます。

ポルバンヒップシートとは?

セカンド抱っこ紐として大プッシュしたいポルバンヒップシートはこちら!

肩ひもなしのウエストポーチ型抱っこ紐です。腰にぐるっと巻いて使います。

なので、抱っこというよりはこの台の部分に子供を『乗せる』イメージ。

エルゴなどの抱っこ紐のように、肩ベルトをいちいち着脱する必要がないのが最大の特徴ですね。

アウター着てても気軽に着脱できますよ♪

 

子供って

「抱っこ~」「やっぱり降りる~」「疲れた抱っこ~」

こんな時ありますよね・・

 

ポルバンヒップシートなら子供を座面に乗せて支えるだけなので、すぐ抱っこできてすぐおろせる!

これがめっちゃスピーディでママも楽ちんなんです。

 

 

ポルバンヒップシートのおすすめポイント

ポルバンにはパパママにおすすめしたいポイントがたくさんあります。

とにかく使いやすい工夫がいっぱいですよ。

太めウエストベルトで疲れにくい

ウエストベルトは

  • マジックテープ
  • バックル

の2か所でとめるので、しっかりと外れにくく安心です。

大き目バックルでがっちり固定!

ウエストベルトは太めで、少しふっくらしてるので子供の体重をしっかり受け止め、重さを分散してくれます。

ウエストは62から105㎝までと、かなり幅ひろく調節できママだけでなくパパでも楽に装着できますよ。

 

メッシュ素材で蒸れにくい

座面やウエストベルトの内側は、メッシュ素材で蒸れにくいのも見逃せないポイント!

すっきりメッシュで蒸れにくい

 

小さめポケットは実は収納力抜群

サイドにはメッシュポケットあり。

これがちょこっとスマホやハンカチが挟めて便利なんです。

350mL くらいの小さめペットボトルもぎりぎり入りますよ。

意外と大容量のポッケ

 

汚れたらもちろん洗濯可能

座面の中にしっかりした芯がはいっていて、これを外せばネットにいれてドライコースで洗濯可能です。

芯をはずしてすぐに洗濯OK

食べこぼし、突然のおしっこもれなど抱っこ紐は何かと汚れやすいので助かりますね。

 

前面ポケットは大容量

前面にはポケットがありウエストポーチのように荷物も入れられます。

公式サイトによると18センチほどの子供の靴もいれられるよう。

おむつやおしりふきも入っちゃう

 

軽量で、小さくたためる

重さは450gで、つけてみるとエルゴとそんなに重さは変わらないです。

小さく丸めてみると大きさもほとんど変わらないですね。

ベビーカーの荷物乗せにもすっきり収まる

 

ポルバンヒップシートはいつからいつまで使える?

使用期間は抱っこの種類ごとに異なるので注意しましょう。

  1. 対面だっこ、前向きだっこ
    →腰がすわってから(7か月ごろ)~24か月/体重13キロまで
  2. 腰だっこ
    →腰がすわってから(7か月ごろ)~36か月/体重約15キロまで

エルゴのように肩ベルトがないので、子供の身長が大きくなってきても広々と抱っこしやすいです。

 

ポルバンヒップシートのラインナップ&お得な購入方法は?

ポルバンヒップシートはたくさんの色合いが用意されています。

 

選べるカラーは8種類
  1. リップストップブラック
  2. ブラックデニム
  3. ブラック
  4. ゼブラブラウン
  5. ネイビー
  6. オリーブ
  7. レッド
  8. ベージュ

オリーブ、ブラックデニム、ブラック、ベージュあたりが普段の洋服とも合わせやすそうですね。

 

購入するなら欠品が少ないのは、やっぱり公式ストアのラッキーベイビーストアです。

楽天市場店ならなんとポイント10倍!

購入するなら楽天が一番おすすめです。

>>ラッキーベイビーストアで探してみる

 

amazonにはお値段は定価でも、ストラップのおまけでちょっとお得なセットもありますよ

 

別売りのシングルショルダーは絶対合わせ買いを!

ヒップシートはこのままでも使えますが、別売りでシングルショルダーという肩紐をつけることができます。

「え?でも肩紐なしなのがおすすめの理由じゃないの?」って思いますよね。

 

子供って疲れてると抱っこしたまま高確率で寝ちゃいます。

ヒップシートがあれば子供を抱っこしているのは楽とは言え、長時間になると支えている腕や腰も相当疲れてきます。

そんな時役立つのがシングルショルダー!

座面に乗せた子供ごと上からさっと被るだけ♪

 

これあるとないとでは、長時間の抱っこ後の疲れが全然違います!

シングルショルダーは、肩にあたる部分に厚めのパッドつきで痛くなりにくく、長さ調節もするするっと簡単にできます。

 

実は先ほどの前面ポケットに本体とシングルショルダーを接続する部分が隠れています。

接続部はファスナーとバックルの2重構造!

 

使わない時は前面ポケットにまるめてしまっておけるので、エルゴのようにだら~っとたれたままにならず快適です。

肩紐は簡単にまるめてしまえる

なのでヒップシートを買うときは、シングルショルダーも合わせ買いがおすすめです。

ダブルショルダーという普通の抱っこ紐のような肩紐2本タイプもありますが、かなりかさばるようになるので、セカンドだっこ紐として使うなら不要です。

 

 

ポルバンヒップシートのちょっと残念なところ

ちょっと残念なのは、他のウエストポーチ型抱っこ紐に比べて少しお値段が高いこと。

ヒップシート本体:税込7,020円

シングルショルダー:税込2,160円

 

例えばこのベビーアムールの同じような形の抱っこ紐なら約3000円で買えちゃうんです。

つい安いほうを買う方は多いようなのですが、安いものだと『結局子供を乗せる部分がへたってきちゃって長く使えなかった』というレビューが多いです。

 

その点、ポルバンのヒップシートなら全然問題ナシ。

1年たった今でも、中の芯はかっちかちのままで、へたり知らずです。

最初の投資はちょっとかかりますが、やっぱりポルバンのヒップシートを長く使えるほうが最終的にお得かな、と思います。

 

 

ポルバンヒップシートはどんなシチュエーションにおすすめ?

ポルバンヒップシートは子供の乗せ下ろしが楽なことで、役立ってくれるシチュエーションがたくさんあります。

  • 子供が1歳半~3歳までで手を繋ぐの嫌、自分で歩きたい!な時
  • 子供が疲れてもう歩けない時
  • 長時間列に並ばなきゃいけない時
  • 夏場でエルゴだと母子共に汗だくな時
  • 寝かしつけでゆらゆらして、そっと下ろしたい時
  • 子供の具合が悪くずっと抱っこをせがませる時

などなど、この1年とてもお世話になりました。

本当にどこへ行くにも持っていきました。だからこそ心からおすすめできる抱っこ紐です。

 

ポルバンヒップシートを1年使ってわかった!巻き方のコツとは?

Amazonの低評価レビュー意見で最も多いのが、

『長時間つけていると腰骨や恥骨に当たって痛い』というもの。

 

これ、テキトーにつけてずるずる下がってきちゃうことで起こるんです。

つけ方のポイントは《しっかりウエスト上部にきつめに巻く》こと!

最初はきついと思っても子供を乗せると重みでなじんでくるので、きつめに巻くのが正解です。

 

 

まとめ:ポルバンヒップシートで楽ちん抱っこ生活!

つけるの簡単!子供の乗せるの簡単!下ろすの簡単!楽ちんづくめなポルバンヒップシートをご紹介しました。

一本目のしっかりした抱っこ紐との使い分けで、ちょっとしたお散歩から子供の寝かしつけまで、あらゆるシーンで大活躍してくれること間違いなし

セカンド抱っこ紐に最適なポルバンヒップシートでぜひ親子で楽チンにおでかけしてくださいね♪

>>お得なラッキーベイビーストアで探してみる