快適に暮らす

初心者が失敗しがちな料理ランキング!意外と地雷な基本の料理レシピとは?

初心者が失敗しがちな料理ランキング

 

つい最近一人暮らしを始め、「これから初心者だけど、料理がんばるぞ!」というあなた。

もしかして、難しい料理から作ろうとしていませんか?

「初心者向けの基本レシピから作るつもりだよ」って方はちょっと待った!

  • 包丁を握ったことない
  • 炊飯器のボタンひとつ押したことない

くらいの超料理初心者にとって、料理の基本レシピって実は地雷なんです!

せっかく料理のやる気があるのに、うまくいかず、おいしくない料理に意気消沈。

「もう絶対料理なんてやらないぞ!」となりかねません。

そこで今回は、かつては超!料理初心者だった現役主婦のえりまるが、《料理初心者が失敗しがちな地雷料理》をランキングで発表します!

 

簡単すぐできな、お手軽ランチレシピならこちら

すぐできるおひとり様ランチ
お昼ご飯作るのめんどくさい?安くて簡単!すぐできる専業主婦のおひとり様ランチレシピ 一人分のお昼ご飯って、作るのすごく面倒ですよね。 かといって毎日お惣菜や外食では、お財布がちょっとシンドイ・・ そこ...

料理初心者が失敗しがちな地雷料理:第5位野菜炒め

野菜炒めって

  • 人参
  • ピーマン
  • キャベツ
  • 豚肉

と作る材料も、やり方も、なんとなく想像できて簡単そうな料理ですよね。

 

ところがどっこい!

  1. さまざまな具材をそれぞれ適当な大きさに切り分け
  2. ほどよく火を通す

これらは実は初心者には大変なことなんです。

大きすぎる人参には火が通ってないし、小さすぎるお肉は黒焦げ。

味もうまく決まらないし、気が付けばなんだかしゃばしゃばしてきた・・・。

 

しゃきしゃき野菜がおいしいイメージとは、全くかけ離れたものができあがりがち!!

えりまる
えりまる
トライの敷居は低い割りに、おいしくできない代表料理といっていいでしょう。

 

 

料理初心者が失敗しがちな地雷料理:第4位さばの味噌煮

素敵な奥さんが作ってくれそうな和風料理の定番と言えば、さばの味噌煮。

白いご飯ががつがつ進む、ぜひ作れるようになりたい一品です。

でも、ここにも落とし穴が!!

『さばの生臭さをしっかり取りきること』がこの料理の成功の秘訣。

でもこれが初心者にとっては難しい!

しっかり臭みをとろうとすると、さばがパサパサに。

しかも味噌煮は、他の和食に比べて味噌自体の塩分量によって味がぶれがちなんです。

えりまる
えりまる
生臭くてが味がやけに濃いという、かなり残念な仕上がりになりかねない初心者泣かせのレシピ

 

 

料理初心者が失敗しがちな地雷料理:第3位オムライス

休日のお昼に手作りオムライス♪なんてカフェ風でとっても素敵ですね。

でもオムライスは強火でさっと作るのが一番おいしいんです。

まさにスピード勝負!

初心者が慌てながら、強火で慣れない卵料理は生焼け、黒焦げの両極端な結果になりがち

もたもたしているうちにバターは焦げ、もちろんごはんを包むのも失敗。

えりまる
えりまる
気づけば、パサパサの洋風チャーハンになっていること間違いなし。

 

 

料理初心者が失敗しがちな地雷料理:第2位からあげ

唐揚げって最高においしいですよね。自宅で作れたらたくさん食べられて幸せ!

でも揚げ物って初心者にはハードル高めです!

油の温度を気にしながら、衣が焦げないよう鶏肉に火を通すのは至難の技。

  • 火が通り過ぎればかっちかちの唐揚げ
  • 通っていなければお腹の具合がとても心配

になる一品。

はねた油でやけどしてしまった!なんて目も当てられませんね。

えりまる
えりまる
初心者なら、迷わずスーパーで買うべき料理No1!

 

 

料理初心者が失敗しがちな地雷料理:第1位ハンバーグ

家庭で母の味と言えばハンバーグ。作ってみたい王道レシピですよね。

でも初心者が手を出すと泣きを見るかも?

  1. 玉ねぎのみじん切りで泣き
  2. こねる・成形などの作る工程の多さに泣き
  3. べとべとのボウルやフライパンの汚さに泣く

まさに初心者泣かせナンバーワン。

もちろん、内部にまで火を通すのが大変なのは言うまでもありません。

作り終わったころには付け合わせの野菜やソースを用意する気力なんてなし。

なんだか、かさかさしたハンバーグだけを食べるむなしい状況・・

えりまる
えりまる
せっかくの料理へのやる気を根こそぎ失いかねない地雷レシピといえそうです

 

 

ここまで料理初心者が、絶対手を出してはいけないレシピランキングを見てきました。

実はこれ、すべて初心者の頃の私の失敗談なんです!!

そこそこ料理ができるようになった今だからこそわかる、初心者泣かせのレシピたちでした。

 

料理初心者におすすめレシピ!一番初めに作るべきなのはカレー!

さて、じゃあ超初心者は何から作ればいいのでしょうか?

もちろん、おすすめのレシピがありますよ。

それはカレーです。

 

「え~、カレーなんて誰でも作れそう。」

「いつも実家で食べてたし、特別なことなんて何もないつまらないレシピ!」

と、思う方きっと多いと思います。

でも、それこそが料理初心者にカレーをおすすめする理由なんです。

カレーをおすすめする理由

カレーは

  • 今まで何度も食べているので、完成形や味が明確にイメージできるため初心者でも味がぶれない
  • 1回作ったら2日は食いつなげるので忙しい人にぴったり。いきなり連日料理しなくても自炊気分♪
  • 1年を通していつでも材料が手に入るので、今すぐ挑戦可能!
  • 煮込み料理なので、煮込む時間で具材の火の通り具合が簡単に調節できる

などなど、初心者にとってまさにいいことづくめの料理。

えりまる
えりまる
カレーを箱に書いてある通り、シンプルに作ることこそ、料理の練習の第一歩におすすめ!

 

しかも、カレーうどんやカレードリアにアレンジも簡単。

そして、同じような具材で作ることができる肉じゃがへの足掛かりとなってくれるんです。

つまり料理初心者は、まずカレーを作るべき!!

カレーの作り方はこちらのホームページがこれ以上ないくらい丁寧で見やすい写真付きです。

ぜひ一度見てから作るとより失敗しにくいです。

 

さらにえりまる的失敗しないポイントも追加しておきますね。

カレーを失敗しないポイントは?

私は初心者の頃、カレーすら失敗したことがあります。

今では笑い話なのですが、せっかくなので、失敗ポイントを書いておきますね。

えりまる
えりまる
大丈夫!箱の通りにやるだけですよ

 

水の軽量を計量カップと使ってしっかりやること!

水の量がいい加減だと、

  • しゃぱしゃぱになったり
  • ドロドロになったり

とルーのおいしさが損なわれます。

水は軽量カップでしっかり測りましょう。

 

えりまる
えりまる
耐熱性なら、あとあと熱湯を使うレシピにも対応可能です。

 

火加減はその都度レシピどおりに変えること

とにかく強火でがんがん煮込んでしまうと、野菜もお肉も火が入りきらないうちに水分がどんどん失われてしまいます。

レシピの時間通りに

  • 中火にする
  • 弱火にする

それさえやっておけば、たとえ火が通っていなくても、追加で煮込めば解決できます。

 

ルー選びは有名なものにしておく

ルーは無難に

などの有名なやつにしとけば、より安全!

えりまる
えりまる
あんまり安いルーだと味自体おいしくないんです

せっかくがんばったカレーの味が台無し、なんて悲しいですからね。

 

まとめ:まずは簡単なカレーをクリアしよう!

今回は料理初心者には難しい地雷料理ランキングを紹介しました。

料理って本来楽しいものなのに、難しい料理で失敗すると悲しい思いをしがちです。

とにかく始めが肝心!

カレーをおいしく作れたら、水の計量や火の調節などの料理の基本はしっかり身についているんです。

自信を持ってくださいね。

作り慣れたら、ぜひ他のいろんな料理に少しずつ挑戦してみてくださいね♪